au iPhone SE イチキュッパキャンペーンMVNO対抗策となるか?MVNOと維持費比較

スクリーンショット 2016-06-22 22.03.34

auがMVNO対抗策と見られるキャンペーンを出してきましたね。

新規、MNP
データ定額1GBプラン
でiPhone SEを契約すると

-1,986円/月(翌月適用/最大2年間)の割引が適用されるというものです。

スクリーンショット 2016-06-22 22.03.34

ここでは本当にMVNOに対抗できるものなのかau iPhone SE 64GB(のりかえ)とSIMフリーiPhone SE 64GB+格安SIM(DMM mobile)で維持費を比較したいと思います。

au DMM mobile
スーパーカケホ 1836
ネット接続料 324
データ定額1GB 3132 1360
本体分割(24回) 2895 2600
イチキュッパキャンペーン ▲2144
のりかえ下取り ▲450
スマートバリュー ▲1008
合計 4585円 3960円
2年間合計 110,040円 95,040円

※下取りはガラケー、Androidスマホの場合。

2年間でちょうど1万5千円の差となりました。

ここで注意したいのがauは5分以内の通話が無料、安定した速度が出る、ショップがあるという点です。

1GBという超ライトユーザーには多少高くても色々と聞けるショップがあった方が良いですし、ある程度通話もするでしょう(5分×3回すると逆転)しauの方が断然良いでしょう。
スマートバリューがないと差が開き微妙な感じにはなります。

以上のことからスマートバリューがあるならMVNOよりお得になるキャンペーンなのでMVNOに対抗できると言えるでしょう。

一括0円がなくなってから維持費の点で大手キャリアよりMVNOが断然有利になっていましたが、大手キャリアも対抗策を出してきたことから
今後はMVNO=大手より安いという考えは一度白紙に戻した方が良いですね。

是非参考にしてください。

スクリーンショット 2016-06-22 22.03.34

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル MVNO(6社)を販売した経験を活かして当サイトを運営しています。MVNO2社だけはSIMだけの販売でしたがその他は受付・登録・回線開通までしているのでより現実味のある情報を提供できるかと思います。しかし、今は携帯業界には居ないので皆さんの情報提供には助けられているのが現状です。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。