LINE MOBILEがついに販売開始 2万契約限定で先行販売

LINEMOBILE_1_logo

9月5日、LINE株式会社は、同社子会社であるLINEモバイル株式会社を通じMVNO事業「LINEモバイル」を提供開始すると発表しました。本日5日よりソフトローンチとして2万契約限定で先行販売が開始され、10月からは本ローンチを予定しているとのこと。

LINEモバイルの特徴としては年齢認証およびID検索が可能な点やLINEPay・LINEポイントと連携し、クレジットカードを持っていない人も同社が発行するプリペイドカードLINEPayカードを利用し決済することが可能だったり、月額基本料の1%がLINEポイントとして貯まるといった点、LINEで繋がるユーザー同士でデータプレゼントが可能な点、「LINEモバイル」公式アカウントでのサービス提供などといったLINEのサービスを活かした便利なサービスが挙げられます。またフィルタリングサービスとしてIフィルターを無償で利用することが可能です。

料金プランとしては「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」があり、LINEフリープランでは月額500円(SMSの場合は+120円/音声の場合は+700円)でLINEのトーク・タイムラインといった機能の通信が使い放題になり、それに加えて1GBの通信量が使えます。コミュニケーションフリープランではLINEに加え、Twitter及びFacebookの通信が使い放題になり、容量に応じて3GB1110円、5GB1640円、7GB2300円、10GB2640円のプランが用意されています。LINEフリープランではSMSなしのプランが用意されていますが、コミュニケーションフリープランでは全てSMSが含まれた価格となっています(音声の場合は+580円)。

※SMSがついていなくてもSMS認証・Facebook認証は不要になるためLINEの利用は可能とのこと。初月の料金は無料となり、音声契約の場合は利用開始日から1年間の解約で解約手数料9800円が発生。使い切らなかったデータ通信量は翌月まで繰り越しが可能で、逆に使いきってしまった場合は通信速度が200kbpsに制限されます(データ量の追加は可能)。

他社のMVNOの弱点の1つとして挙げられるLINEの年齢認証及びID検索が可能になったため、大手キャリアからの乗り換えができなかった人。LINEやTwitter、Facebookのデータ通信が使い放題になるためそれらをヘビーに使うユーザーの乗り換えが期待出来そうです。

LINE│【LINEモバイル】MVNO事業「LINEモバイル」販売開始

LINEMOBILE_1_logo

気軽にコメントどうぞ