au系MVNO3社IIJ、mineo、UQmobile 料金プラン オプション 通話定額 特徴の比較

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

今月1日よりIIJが従来のdocomo回線を使ったサービスに加え、au回線を使ったタイプAプランを提供を開始しました。今回はIIJの新規参入により以前からサービスを提供しているmineoやUQmobileに加え3社になったau系MVNOを比較していきたいと思います。

料金プラン比較

まずはMVNOの1番の強みである料金から比較していきたいと思います。

mineo UQmobile IIJmio
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円 980円 900円
5GB 1580円
6GB 1520円
10GB 2520円 2560円
無制限(500kbps) 1980円
音声通話機能付帯料 610円 700円 700円

料金プランに関してはmineoが最もプラン数が多く、料金も1番安いです。

音声通話機能付帯料に関してもUQmobile,IIJmioが700円に対し、mineoが610円と100円近く安く料金的にはmineoが1番安いという結果になりました。またmineoでは10月中に音声プランで新規契約した人(契約後データ通信プランに変更した場合も継続される)を対象に月額料金から6ヶ月間800円割り引くキャンペーンも実施されているため料金面だけでみるとmineoが1番良いと言えるでしょう。

通話オプション比較

mineo UQmobile IIJmio
割り込み電話 無料 無料 300円
着信転送 無料 無料 無料
留守番電話 300円 380円 300円
三者通話 200円
迷惑電話撃退 100円 100円

割り込み電話はmineoとUQmobileが無料なのに対し、IIJmioが月額300円かかってしまいます。

三者通話に関してはIIJmioだけオプションとして提供されていない模様。またUQmobileは留守番電話、三者通話、迷惑電話撃退のオプションを電話基本パックとして380円で提供しています。3つのオプションを使いたい場合はUQmobileが良いでしょう。逆にどれか1つのオプションだけ使いたいという場合はmineoやIIJmioがおすすめです。

通話定額比較

mineoの通話定額

通話定額30と通話定額60という通話定額サービスを提供しています。こちらのオプションはそれぞれ840円、1680円で利用でき、通話定額30は30分間、通話定額60は60分間それぞれ定額料金での通話が可能となっています。

UQmobileの通話定額

料金プランの表で記載したプランの他にぴったりプランという2年縛りのプランがあり、そちらのプランでは無料通話分が1200円分(最大30分)と月間データ容量が1GBついて1980円です。またたっぷりオプションという+1000円で無料通話と月額データ容量が倍になるオプションも提供されています。さらに契約から2年間は無料通話と月額データ容量が倍になるキャンペーンも適用されます。

IIJmioの通話定額

月額600円の誰とでも3分&家族と10分、月額830円の誰とでも5分&家族と30分という通話定額オプションを提供しており、「みおふぉんダイアル」を使用して通話した場合に3分もしくは5分間(家族間の場合は10分もしくは30分)の通話料が何度でも無料になります。

通話定額を利用したい場合、みおふぉんダイアルを利用する必要はありますが料金的にみるとIIJが1番魅力的です。

各社の特徴(こんな人におすすめ)

mineoの特徴

mineoでは同社が提供するコミュニティーサイト「マイネ王」のフリータンクというサービスを利用することが出来、月末に通信量が足りなくなったら引き出すことが出来ます(余った場合は預けることも可能)。

また他のmineoユーザーとデータ通信量を分け合ったり、家族間やサブの回線とパケットシェアすることも可能となっています。

さらに家族や個人で複数回線使う場合家族割や複数回線割が適用され月額料金から50円割り引かれます。

さらにもう1つ音声通話付きプランに関して他社は解約時の違約金を設定していることが多いですが違約金がないというのも特徴の1つです。
mineo

UQmobileの特徴

もともとKDDIの子会社であるKDDIバリューイネイブラーが提供しており、現在もKDDIのグループ会社である UQコミュニケーションズが提供していることで他のMVNOに比べてキャリアに近いサービスを提供していることが特徴です。その特徴の1つとしてキャリアメールとして使える「○○○○@uqmobile.jp」というメールアドレスが月額200円で利用できます。また速度面でも以前は本家auの同じ回線を利用しており、大手キャリアと同じ通信速度が出ていました。現在は運営がUQに移行され、少し下がったものの他のMVNOサービスに比べて早い通信速度で快適に利用できます。特に他のMVNOサービスで速度が落ち込む昼休みの時間帯に関しても通信速度が安定しているのが魅力の1つだと思います。
UQ mobile

IIJmioの特徴

IIJmioの特徴としてはSIMカードが月額400円(10GBプランの場合は3枚まで無料)で追加できるという点です。複数端末を利用される方や家族で利用される方はIIJがおすすめです。
IIJmio

以上今回はau系MVNO3社について比較してみました。au系MVNOを検討されている方はこれを参考にしていただけると幸いです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

気軽にコメントどうぞ