自動化アプリTaskerの省電力設定とおすすめプロファイル

tasker

知る人ぞ知るAndroid自動化アプリTaskerですが自動でwifiをオフにしたりすることで省電力化を狙って導入している人もいるかと思います。

しかし、Taskerは様々な権限を持っており、常駐し、様々なモニタリングをしています。(wifi、bluetooth、GPS、ジャイロ、その他センサー等々)
こうも多くをモニタリングしているいると逆に電池消費を促してしまいます。

そこで、チェックの間隔を長くし、不要なモニタリングを止めることで電池消費を抑えることができます。

省電力設定

チェク間隔を長くし、不要なモニタリングを止める

Taskerの設定画面(右上の3本線)のpreferencesをタップし、MONITORをタップすると下図のような項目が出てきます。
私は、モニタリング不要のプロファイルを使っているのでチェック間隔を9999に設定しています。
tasker

ディスプレイがオフの時のセンサーに関して利用しないので全てオフにしています。
tasker2
これでかなり電池持ちは改善されました。

記述の通り、私はネットワークの切り替えにwifi、GPSのモニタリングを使っていません。

自宅ではwifiのみオン、それ以外はwifiオフでモバイルオンとしたい場合
よく見かけるプロファイルは
GPSを使っていたり、wifi near を使っていたりします。

しかしそれらは下図のような相関関係があり、電池消費が激しいです。

方法 電池消費 精度 Network 無線LAN
State:Cell Near
Location:Net 必要
Location:Net&Wifi 必要 必要
State:Wifi Near 必要
Location:GPS 必要

そこで、それらモニタリングを使わないプロファイルとおまけを紹介します。

おすすめプロファイル

WiFiとモバイルデータの切り替えプロファイル

Context(発動条件)
Display State On(ディスプレイオン)

TASK
1.WiFi Set On(Wifiオン)

2.Wait 5Seconds(5秒待つ)

3.if %WIFII ~ *connect*(wifiに繋がったら)
4.Else (繋がらなかったら)
5.Mobile Data Set on(mobileオン)
6.WiFi Set Off(wifiオフ)

7.End if(終わり)

tasker-profile

ディスプレイオフ時にwifi、モバイルと自動同期をオフ)

Context(発動条件)
Display State Off(ディスプレイオフ)

TASK
1.WiFi Set Off(Wifiオフ)

2.Mobile Data Off(mobileオフ)

3.Auto-Sync Off(自動同期オフ)

tasker-profile2

私が使用しているME572CLの超省電力モードではスリープ時には通信をしないようですが、念のためオフにしています。

Blutoothの切り忘れを防止

Context(発動条件)
Every 1h(1時間ごとに)
Not BT Connected(bluetooth機器と繋がっていなかったら)

TASK
1.Bluetooth Off(bluetoothオフ)

tasker-profile3

自動同期を定期的にオン

Context(発動条件)
Every 1h(1時間ごとに)
Display State On(ディスプレイオンだったら)

TASK
1.Auto-Sync On(自動同期オン)

2.Wait 1 Minutes(1分待つ)

3.Auto-Sync Off(自動同期オフ)

tasker-profile4

是非参考にして下さい。

tasker

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル MVNO(6社)を販売した経験を活かして当サイトを運営しています。MVNO2社だけはSIMだけの販売でしたがその他は受付・登録・回線開通までしているのでより現実味のある情報を提供できるかと思います。しかし、今は携帯業界には居ないので皆さんの情報提供には助けられているのが現状です。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。