Greenifyが自動休止しない時はTaskerと連携すると良い

greenify

Greenifyというルート化なしでもバックグラウンドで動くアプリを休止状態にしてくれるアプリがあります。

無駄なバックグラウンドアプリによる消費電力を節約してくれます。
また、有料版だとシステムアプリも休止してくれます。

スリープモードに入ると自動休止してくれるはずなのですが自動で動きません。

そうなるとホーム画面のジェスチャーでするかショートカットアイコンからするかの2択になってきます。

そこでTaskerを使いディスプレイオン時に起動させることにしました。
GreenifyにはTaskerのプラグイン機能がついているので連携が可能です。
Task→Plugin→Greenify→All greenified appsで連携できます。
AllとありますがGreenify側で許可したものだけに限ります。

greenify

ディスプレイオフ時にしたかったのですがGreenify実行時にディスプレイオンとなり無限ループになるので諦めました。

下図がGreenfy実行前後の実行中アプリ一覧です。
Greenfy実行前
greenify2
Greenfy実行後
greenify3

あくまでもキラーではなく休止なのでRAMの容量に変化はありませんが動いていないことがわかります。

ASUS_Air_Statusとcom.intel.widi.uibcは起動時に勝手に動きますがそれ以降休止したままなので全く使われていないものがずっと動き続けているということなのでしょう。

Greenfyにより無駄な動きがなくなるので少し消費電力の節約+サクサクになります。

greenify

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル MVNO(6社)を販売した経験を活かして当サイトを運営しています。MVNO2社だけはSIMだけの販売でしたがその他は受付・登録・回線開通までしているのでより現実味のある情報を提供できるかと思います。しかし、今は携帯業界には居ないので皆さんの情報提供には助けられているのが現状です。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。