子どものスマホ維持費を安くするための小中高生別最適な方法

wpid-20151201050923.jpg

今や小学高学年の子どもの4人に1人はスマホを持っていると言われています。

中学を境に徐々に増え、高校ではほとんどの子どもがスマホを持っているでしょう。

今回は親に悩ましい問題の子どものスマホ維持費を安くするための小中高生別最適な方法を小学生、中学生、高校生の順に紹介していきます。

小学生は親との共有

個人的な意見ですが小学生に個々のスマホは不要だと思います。
親との共有使用でゲームやネットが出来れば十分だと思います。

電話がどうしても必要な子どもはみまもりケータイで十分です。

また、親の使い古しをWIFI運用で与えるという手もありますが監視の目がないのでおすすめ出来ません。

小学生の時にスマホやネットとの接し方を教えることが出来るので親との共有がおすすめです。

中学生は格安スマホ

中学生になればスマホを持つ子どもが増えてきてLINEでグループを作って仲間内の会話をし出すのではみらないようにしてあげるべきなので最低限のスマホを与えるべきだと思います。

【楽天モバイル】で機種代金が安い機種のセールをよくしているのでおすすめです。
格安スマホ音声プラン最安維持費ランキング

もっと良いのがいいとだだをこねられるかもしれませんが持てるだけマシだと言いつつ、高校になったらiPhoneかXperiaを買ってあげるからと収めてください。
我慢することも覚えてもらいましょう。

高校生はMNP割引でハイスペックスマホ

高校生になると思春期ということもあり格安スマホでは恥ずかしくなってきますし活動範囲が広がり家族間も含めて電話をよくするようになる可能性があります。

ここでいきなり新規で契約してしまうと高く付いてしまうので中学生の時に契約した格安スマホがMNP弾として活用出来ます。

学割、MNP割引、ネット割引を併用するとかけ放題5GBでも月々の維持費が3000円以内に収まる可能性がありますしさらに学割で親の維持費も安くなります。

改めて言いますが大手キャリアに新規で契約して毎月1万円近く払うようなことは絶対にしないでください。

のりかえはソフトバンクのiPhoneが一番安いです。
詳しくは→iPhone6s/SEの最安月額料金はドコモ、au、ソフトバンク、MVNOのどこ?
ソフトバンク一括0円機種はギガ特盛で月額料金2,000円代が可能(キャッシュバック込み)

是非、子どものスマホ維持費に悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

wpid-20151201050923.jpg

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル MVNO(6社)を販売した経験を活かして当サイトを運営しています。MVNO2社だけはSIMだけの販売でしたがその他は受付・登録・回線開通までしているのでより現実味のある情報を提供できるかと思います。しかし、今は携帯業界には居ないので皆さんの情報提供には助けられているのが現状です。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。