イオンモバイル キャンペーン 料金プラン オプション スマホ11機種のスペックと本体価格

aeonmobile-sumaho

イオンモバイルのキャンペーン、料金プラン、オプション、スマホ各機種のスペックと端末価格、どんな人にオススメなのかを本体料金の安い順(税抜)で紹介しています。
※モバイルWi-Fiルーターも最後に載せています。

イオンモバイルについて全くわからない人はまず下記のイオンモバイル公式説明ページを見てから当記事を見ていただくとより内容を把握しやすいでしょう。

目次

イオンモバイル キャンペーン

現在、イオンモバイルではキャンペーンをしていません。

店頭では受付から登録完了まで2時間以上かかる場合があるのでネット経由での契約をおすすめしています。
また、店頭では有料コンテンツを勧められることもあるので注意しましょう。

料金プランとオプション

2016年10月1日より20GB以上のプランを値下げしました。
aeonmobile-20gbplan

音声プラン

音声通話、データ通信、SMSがご利用いただけます。
aeonmobile-onseiplan

データプラン

インターネット等のデータ通信がご利用いただけます。プラス140円/月でSMSもご利用いただけます。
aeonmobile-dataplan

シェア音声プラン※店舗のみの受付

■SIMカード最大3枚(下記月額料金は音声通話SIMカード1枚、データ専用SIMカード2枚の場合です。)
音声通話SIM1枚のみや音声通話SIM1枚+データ専用SIM1枚でのご契約も可能です。
※データ専用SIMカードを音声通話SIMカード及びSMS付きデータ専用SIMカードへ変更された場合、別途月額のオプション料金が発生します。
(SMSオプション:140円/月・回線、シェアプラン音声追加オプション:700円/月・回線)
aeonmobile-shareplan
例:4GBを音声2回線でシェアした場合
シェア音声4GB1780円+音声追加オプション700円=2480円となります。
音声2GB1380円×2=2760円なので差額280円お得になります。

イオンモバイル シェアプランの注意点

  • 片一方が大量にデータ通信して4GB超え通信制限になった時にもう一方も通信制限になる。
    これはよく起こる問題で、シェアの最大のデメリットでもあります。価格以上にストレスがかかったり家族間の仲にも影響を及ぼすものなのでシェアする家族と十分話し合ってする必要があります。
  • MNP(他社からのりかえ)の場合、移転前の名義を統一する必要がある。
  • SIMの枚数分の手数料がかかる。
    他社では3枚シェアしても1枚分の3000円で済むのですがイオンモバイルの場合は3枚分の9000円がかかってしまいます。

オプション

aeonmobile-option

イオンモバイルも通話定額を始めました。

イオンモバイル スマホ11機種のポケモンGO対応可否表

ポケモンGO ARモード
富士通 ARROWS M01 × ×
京セラS301 × ×
HUAWEI P9 lite ×
富士通 arrows M02
富士通 arrows M03
シャープ SH-M02
VAIO Phone
SONY Xperia J1 Compact × ×
HUAWEI P9
ZTE BLADE E01 × ×
ZTE BLADE V7 LITE ×

京セラ S301 本体価格16,800円

image

京セラ S301 スペック

機種名 S301
カラー ガンメタ、ホワイト
OS Android4.4
サイズ 73×144×10.8mm
重量 146g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 1GB
内部ストレージ 8GB
外部ストレージ micro SDXC
CPU Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
バッテリー容量 2,300mAh
メインカメラ 500万画素
インカメラ 200万画素
防水防塵

京セラ S301 どんな人におすすめ?

簡単ホームはついていないものの、『でか文字』という文字を大きくする設定はあるので、こちらもスマホを使うのが初めてで、大きめの画面がいいという方にオススメです。M01と同じくこの機種もメモリが1GBなので、いろんなアプリを使う方には少し不向きです。

ZTE BLADE E01(イオンオリジナルモデル) 本体価格17,800円

ZTE BLADE E01(イオンオリジナルモデル)  スペック

機種名 ZTE BLADE E01
カラー ブラック、ホワイト
OS Android5.1
サイズ 71×142.5×7.8mm
重量 155g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC(32GBまで)
CPU MT6735P クアッドコア1.0GHz
バッテリー容量 2,200mAh
メインカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
防水防塵 ×

ZTE BLADE E01(イオンオリジナルモデル)  どんな人におすすめ?

イオンオリジナルモデルのみRAM(メモリ)が2GBあり、CPUのクロック数が少し低いのが気になるもののコスパはかなり高いと思います。まだ確認はできていませんが、おそらくイオンモバイルの中でポケモンGOがプレイできる一番最安値のスマホになると思われます(ジャイロセンサーがついていないのでARモードは不可だと思います)。もちろん普通に使う用としてもオススメできる機種ですが、ポケモンGOがやりたい子供さん用にもかなりオススメの機種だと思います。

富士通 ARROWS M01(完売) 19,800円

image

富士通 ARROWS M01 スペック

機種名 ARROWS M01
カラー ブラック、ホワイト
OS Android4.4
サイズ 67×138×10.9mm
重量 153g
ディスプレイサイズ 4.5インチ
内部メモリ 1GB
内部ストレージ 8GB
外部ストレージ micro SDXC
CPU Qualcomm MSM8926 クアッドコア1.2GHz
バッテリー容量 2,500mAh
メインカメラ 800万画素
インカメラ 130万画素
防水防塵

富士通 ARROWS M01 どんな人におすすめ?

卓上ホルダや簡単ホーム画面付なので初めてスマホを使う方にオススメです。

ZTE BLADE V7 LITE 本体価格21,800円

ZTE BLADE V7 LITE スペック

機種名 ZTE BLADE V7 LITE
カラー シルバー、グレー
OS Android6.0
サイズ 70.2×143.8×7.9mm
重量 135g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC(32GBまで)
CPU MT6735P クアッドコア1.0GHz
バッテリー容量 2,500mAh
メインカメラ 800万画素
インカメラ 800万画素
防水防塵 ×

ZTE BLADE V7 LITE どんな人におすすめ?

同日発売のE01と比べて値段の差は4000円程。よくなっている部分はOSのバージョン、重さ、バッテリーの容量、インカメラの画素数くらいで、それならE01で充分ではないかと思える内容ですが、少しでも軽い方がいい、少しでもバッテリーの持ちがいい方がいいという方は+4000円してこちらにするのも有りだと思います。

VAIO Phone VA-10J 本体価格24,000円

image

VAIO Phone VA-10J スペック

機種名 VAIO Phone VA-10J
カラー ブラック
OS Android5.0
サイズ 71.3×141.5×7.95mm
重量 130g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC
CPU Qualcomm MSM8926 クアッドコア1.2GHz
バッテリー容量 2,500mAh
メインカメラ 1,300万画素
インカメラ 500万画素
防水防塵 ×

VAIO Phone VA-10J どんな人におすすめ?

スペックはSHARPのSH-M02とほぼ同じで、8月に入り急遽ネット限定ではなく店頭でも値下がりました(ネットはSIM代込ですが、店頭はSIM代が別途かかるのでネット購入がオススメ)。ポケモンGOの対応機種でもあり、カメラも1,300万画素あるので防水防塵がついてないとダメという方以外にはオススメの機種です。

HUAWEI P9 lite 本体価格25,800円

image

HUAWEI P9 lite スペック

機種名 HUAWEI P9 lite
カラー ゴールド、ホワイト、ブラック
OS Android6.0
サイズ 72.6×146.8×7.5mm
重量 147g
ディスプレイサイズ 5.2インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC(128GBまで)
CPU HUAWEI Kirin 650(4コア2.0GHz+4コア1.7GHz
バッテリー容量 3,000mAh
メインカメラ 1,300万画素
インカメラ 800万画素
防水防塵 ×

HUAWEI P9 lite どんな人におすすめ?

値段のわりにスペックが高めでコスパが高い機種です。同時に発売したP9には劣りますが、普通に使うには全然申し分ないスペックなので、初めてスマホに変える方、今すでにスマホを使っている方にもオススメです。カラーバリエーションもP9より多く3色あり、デザインも万人受けするようなデザインなので、これからのイオンモバイルの一番の売れ筋になるかもしれません。防水はついていないので要注意。
ゲームをする人にもおすすめです。

P9 lite目当ての人はこちらを参考にしてください。
HUAWEI P9 liteが最安で買えるMVNOはどこ?

富士通 arrows M02 本体価格29,800円

image

富士通 arrows M02 スペック

機種名 arrows M02
カラー ブラック、ホワイト
OS Android5.1
サイズ 68.9×141×8.9mm
重量 149g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC
CPU Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
バッテリー容量 2,330mAh
メインカメラ 810万画素
インカメラ 240万画素
防水防塵

前モデルarrows M01からの改善点

    • 簡単ホーム画面設定時の不具合改善

前モデルのM01では簡単ホーム画面設定時、トップ画面のメールからはSMSしか使えなかったが(Gmailを使う為にはmenuを開いてからメールをタップする必要があった)、新モデルのM02ではトップ画面のメールからGmailも使用可能に。

    • 卓上ホルダが使いやすく

前モデルのM01では、卓上ホルダに対応したケースがいっさいなかったですが、新モデルのM02は、店頭で販売されてある背面だけをカバーするケースに入れたままでも卓上ホルダでの充電が可能に。ブック型のケースは非対応。ネットで販売されてあるケースでも、対応してるものはあると思います。

富士通 arrows M02 どんな人におすすめ?

M01の新モデルなのでM01よりも値段は高いですが、その分メモリは2GB、ストレージも16GBになり、大きさも5インチと見やすいサイズになり、前モデルから何点か改善点もあり使いやすくなりました。イオンモバイルの中でもコスパが高く、すでに大手キャリア等でスマホを使っている方もそれなりに満足して使える機種だと思います。

富士通 arrows M03 本体価格37,800円

aeonmobile-arrows-m03

富士通 arrows M03 スペック

機種名 arrows M02
カラー ブラック、ホワイト、ピンク
OS Android6.0
サイズ 72×7.8×144mm
重量 141g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC(200GBまで)
CPU Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
バッテリー容量 2,580mAh
メインカメラ 1310万画素
インカメラ 500万画素
防水防塵

arrows M02とarrows M03の比較(改善点)

    • 液晶ディスプレイが有機ELからIPS液晶に変更
      これは改善と言えるべきか微妙なとことですが液晶割れしやすい問題が改善されています。
    • カメラのF値と画素数がアップ
      M02はF値2.4、メイン810、イン240でしたがM03はF値2.0、メイン1310、イン500に改善されたのでカメラをよく使う人には嬉しい改善です。
    • バッテリー容量が増量(2330→2580)

富士通 arrows M03 どんな人におすすめ?

CPUが改善されていない点が気になるところではありますが全体的に洗練されたようでネット上の評価は良いです。
CPU的には重たいゲームをする人には向いていないです。
国産、おサイフケータイ、防水が必要な人にはおすすめです。

arrows M03目当ての人はこちらを参考にして下さい。
富士通 arrows M03 最安価格のMVNOはどこ?

SONY XPERIA J1 Compact 本体価格39,800円

image

SONY XPERIA J1 Compact スペック

機種名 XPERIA J1 Compact
カラー ホワイト
OS Android4.4
サイズ 65×128×9.7mm
重量 138g
ディスプレイサイズ 4.3インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC
CPU Qualcomm MSM8974 クアッドコア2.2GHz
バッテリー容量 2,300mAh
メインカメラ 2,070万画素
インカメラ 220万画素
防水防塵

SONY XPERIA J1 Compact どんな人におすすめ?

Androidのバージョンは4.4でポケモンGO非対応であり、価格が高くP9liteが発売したりVAIO Phoneが値下がった今では、絶対に大きさが小さい方がいい!という理由以外では現状オススメできない機種です。

SHARP AQUOS SH-M02 本体価格44,800円

image

SHARP AQUOS SH-M02 スペック

機種名 AQUOS SH-M02
カラー ホワイト
OS Android5.0
サイズ 71×134×9.9mm
重量 145g
ディスプレイサイズ 5.0インチ
内部メモリ 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ micro SDXC
CPU Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
バッテリー容量 2,450mAh
メインカメラ 1,310万画素
インカメラ 210万画素
防水防塵

SHARP AQUOS SH-M02 どんな人におすすめ?

メーカーは違いますが、カメラが1,310万画素になったM02という感じ。その分価格はM02より少し高めです。
この機種よりM03の方が断然おすすめです。

HUAWEI P9 本体価格50,800円

image

HUAWEI P9 スペック

機種名 HUAWEI P9
カラー グレー、シルバー
OS Android6.0
サイズ 70.9×145×6.95mm
重量 144g
ディスプレイサイズ 5.2インチ
内部メモリ 3GB
内部ストレージ 32GB
外部ストレージ micro SDXC(128GBまで)
CPU HUAWEI Kirin 955(4コア2.5GHz+4コア1.8GHz
バッテリー容量 3,000mAh
メインカメラ 1,200万×2画素
インカメラ 800万画素
防水防塵 ×

HUAWEI P9 どんな人におすすめ?

現行のイオンモバイル機種の中でスペックが一番高く、その分料金も一番高くなっています。格安スマホでも、本体はとにかくいい物を使いたいという方にオススメです。防水はついていないので要注意。
カメラがライカが監修しているだけあってとても良いです。
カメラ、ゲームなどこれさえあれば全て満足するでしょう。
※充電の端子がmicro USB Ctype(Nexus5xや6P等で採用されている裏表がない端子)です。

Wi-Fiルーター NEC MR04LN 本体価格22,800円

image

Wi-Fiルーター NEC MR04LN スペック

機種名 Aterm MR04LN
LTE対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
通信方式 LTE(LTE-Advanced対応)
LTE伝送速度 受信最大300Mbps/送信最大50Mbps
3G伝送速度 受信最大21Mbps/送信最大5.7Mbps
無線LAN規格/周波数帯域 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)、IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
伝送速度 最大867Mbps
SIMロックフリー 対応
SIMカードスロット microSIMスロットが2つ
国際ローミング LTE/3G/GPRS
連続Wi-Fi通信時間 最大約12時間
ディスプレイ 2.4インチ
バッテリー容量 2300mAh
サイズと重さ 63×111×11mm/約111g

クレードル(別売)をつけると、ホームルーターとしても利用可能。
有線LAN利用も可能なLTEホームルーターとしても使えて、自宅のブロードバンド回線に接続しWi-Fiホームルーターとしても使える。

Wi-Fiルーター NEC MR05LN 本体価格26,800円

Wi-Fiルーター NEC MR05LN スペック

機種名 Aterm MR04LN
LTE対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
通信方式 LTE(LTE-Advanced対応)
LTE伝送速度 受信最大300Mbps/送信最大50Mbps
3G伝送速度 受信最大21Mbps/送信最大5.7Mbps
無線LAN規格/周波数帯域 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)、IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
伝送速度 最大867Mbps
SIMロックフリー 対応
SIMカードスロット nanoSIMスロットが2つ
国際ローミング LTE/3G/GPRS
連続Wi-Fi通信時間 最大約14時間
ディスプレイ 2.4インチ
バッテリー容量 2500mAh
サイズと重さ 63×115×11mm/約115g

MR04LNとMR05LNの比較(改善点)

  • バッテリー容量の増量(2300→2500)
    Wi-Fi通信時間として2時間増えたのは嬉しいです。
  • microSIMからnanoSIMに変更
    今後の主流はnanoサイズのSIMなので今から買うならnano対応が良いですね。
  • 最大受信速度がアップ(300→375)
    これはキャリアアグリゲーションと言われる複数の周波数帯を束ねて高速化するものが2つから3つに増えたことによって可能になっています。これはただ単に速度が上がるだけを意味するのではなく安定して速度が出ることを意味します。
  • SIMの切り替えがスムーズになった

価格差は5000円ほどありますがMR05LNにはそれ以上の価値があると思うのでMR05LNを選んだほうが良いと思います。

モバイルWi-Fiルーターを検討している人はこちらを参考にして下さい。
これさえ見ればOK!モバイルWiFiルーター維持費比較

aeonmobile-sumaho

気軽にコメントどうぞ