スマホキャンペーンの2月中契約のリミットは2/24(土)20:00ですが申込が殺到しているため23日までには申し込むことをオススメします。

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 gakuwari-2018
2月1日 トーンモバイルも学割を開始したので追加しました。

今年の学割はワイモバイルが11月末に12月1日から開始すると発表しそれに追随する形で

という感じで例年の1月中旬より早い学割商戦がスタートしました。

ここでは各社の学割をまとめていきます。

ドコモの学割 2017年12月27日~2018年5月31日

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari
  • ドコモの学割(割引)
    対象25歳以下 1年間1500円割引
  • ドコモの学割(dポイント)
    ドコモの学割対象者が加入するシェアグループ全員に3000ポイント

の2本立てです。

ドコモの学割 2017年と2018年の比較

昨年と同じ割引額1年間1500円ですが昨年と違うのは

無料通話のないシンプルプランがある

という点で最安料金(シェア子回線)が1500円から280円(税抜)に下がっています。

2017年2018年
基本料金カケホーダイライト
2200円
シンプルプラン
980円
SPモード300円
シェアオプション500円
1年間 学割割引▲1500円
合計1500円280円

ちなみに2016年の学割は

    • カケホーダイプランの場合

U25応援割を含み、▲1,300円×12ヵ月とボーナスパケット6GB×36ヵ月(U25応援割分の▲500円は26歳になるまで継続)

    • カケホーダイライトプランの場合

U25応援割は適用対象外の為、▲800円×12ヵ月とボーナスパケット6GB×36ヵ月

というものでした。2016年はシェアパックの場合、シェアパック15以上が対象という縛りがあったのでドコモの学割の使い勝手は改善しているように思えます。

ドコモの学割 iPhone8 64GBの維持費

例えば夫婦2人、子ども(25歳以下)1人のiPhone8 64GBでドコモに乗り換えた場合の最安維持費を計算してみます。
また、ドコモは学割と同時に単独回線でも20GB、30GBでシンプルプランを選択できるようになったのでその料金の学割バージョンも合わせて載せておきます。

親回線
子回線
子回線
子ども
単独回線
基本料金980円
SPモード300円
 データ5GB
6500円
シェアオプション 500円20GB
6000円
学割1年間▲1500円
料金合計 7780円 1780円 280円
2年目以降
1780円
 5780円
2年目以降
7280円
 本体実質価格
(税込)※1
1080円
合計(税込)9074円3002円1382円
2年目
3002円
7322円
2年目以降
8942円

※1 24分割・家族まとめて割の機種代金▲5184円を含めた価格です。

  • 1年目3人合計は13458円なので1人当たり4486円
  • 2年目3人合計は15078円なので1人当たり5026円

という感じです。シェアパック10GBだとプラス3240円で1人当たり+1080円です。

学生は電話をする機会が少ないので無料通話がなく、月額料金が安いのは嬉しいですね。
機種変更するまでずっと1500円割引のdocomo with対象スマホの

  • AQUOS sense SH-01K
  • MONO MO-01K
  • Galaxy Feel SC-04J
  • arrows Be F-05J

でも大丈夫な場合はdocomo withも選択肢に入るでしょう。

また、ドコモのシェアプランはあまりデータ容量を使用しない人(外出時でもWi-Fiが使える人・ライトユーザー)が増えれば増えるだけ1人当たりの料金は安くなります。

初めてスマホを持つお子さん、データ通信量が増えやすい新高校生、一人暮らしでWi-Fiがなくなる新大学生などによってデータ通信量が一気に増える可能性もあるので注意が必要です。
※ドコモは1人当たりのデータ通信量を設定することができます。

au ピタット学割 フラット学割2017年12月15日〜2018年5月31日

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

auのピタット学割の割引額は1年間▲500円とドコモと比べると一見少ないように思えますがビッグニュースキャンペーン1年間▲1000円があるので同じ割引額と言っても良いかと思います。

auの場合は学割対象者の同じ家族割グループに入った家族も対象となるという点がドコモとは違います。

あと、auスマートプレミアムの月額料金499円が148円(2018年7月迄)になるという特典もあります。

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

auの学割 2017年と2018年の比較

2017年の学割天国18(18歳以下)の維持費は下表の通りです。
2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

家族は対象外ですが2GB〜3GBであれば2018年ピタット学割と同じ金額のように思えますが2017年版は

毎月割がある

という点が大きく違います。全体的に料金を下げて学割の特典が微妙になっているというのがauでは顕著に現れているように思えます。

ちなみに2016年の特典は

  • 5GBプレンゼント(LTEプランなし)←学割対象者本人のみ
  • LTEプランなら▲1,008円×36ヵ月(機種変更は12ヵ月) or データ定額5以上なら▲1,080円×12ヵ月←家族も対象

auの学割は2016年がピークでしょう。ギリギリ2016年1月はキャッシュバックがかなりあった時でしたから2016年1月に学割でMNPした家族はかなりお得だったと思います。

auの学割 iPhone8 64GBの維持費

子ども(25歳以下)がiPhone8 64GBでauに乗り換えた場合の最安維持費を計算してみます。プランは無料通話なしのシンプルプランです。
アップグレードプログラムEXはおすすめしないので付けていません。

ピタット学割
1GB以内
フラット学割
20GB
基本料金980円980円
LTE NET300円300円
データ1700円4500円
auスマートバリュー1GB以内は割引なし▲1000円
ビッグニュース1年間▲1000円
学割1年間
▲500円
1年間
▲520円
料金合計 1480円
2年目以降
2980円
3480円
2年目以降
5000円
 本体24分割(税込)3810円
合計(税込)5408円
2年目
7028円
7568円
2年目以降
9210円

1GB以内で済むなら5分以内通話無料でそれ以上料金が上がる心配のないソフトバンクのワンキュッパ割も選択肢に入りますね。下表がソフトバンクのワンキュッパ割の内訳です。

通話定額ライト1700円
ウェブ使用料300円
データ定額1GB2900円
ワンキュッパ割1年目▲2457円
2年目▲1457円
特別割引1年間▲500円
おうち割 光セット▲463円
料金合計1480円
2年目以降
2980円
本体24分割(税込)3930円
合計(税込)5528円
2年目
7148円

ソフトバンク 学割先生 2018年1月17〜2018年5月31日

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

あとで詳細と共に整理しますが発表中の内容を要約しています。

大容量でストレスフリー

学生のスマホ接触時間1日平均5.3時間
学生なら学割ウルトラギガモンスター実質3980円〜
学割▲1020円・家族新規特典▲1000円 ※1年間

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

1年間▲1020円の学割先生は

  • 50GB限定
  • 使用者の年齢が25歳以下またはご職業が教師であること
    教師の証明書類は公立学校共済組合組合員証または私立学校教職員共済加入者証となっています。
  • 新規・MNP・機種変更全て

が対象となっています。

1年間▲1000円の家族追加特典は

  • 50GB限定
  • 家族やシェアハウスの友達が学割先生(家族)に申し込むこと
  • 学生または先生と同一の家族割引グループに加入し、学生または先生を指定すること

が対象となっていて学生または先生の料金が値引きされるというものです。

初めてスマホ

これは従来の1GB1980円のスマホデビュー割にiPhone8/Plusを追加

対象機種実質負担額(税込)
iPhone8 Plus 256GB3500円/月
iPhone8 Plus 64GB3000円/月
iPhone8 256GB3000円/月
iPhone8 64GB2500円/月

通常であればiPhone8 64GBは3930円×24回なので月月割がないとは言え、34320円(1430円×24回)の値引きが入っていることになります。

iPhone8 64GBであれば2138円+2500円=月額4638円(2年間)、3年目以降は月額2138円(税込)です。

最安のUQモバイル(キャッシュバック、機種売却益込み)の2GB、月60分通話無料で月額4964円(税込)なので1GBで足りる、電話もあまりしないという場合はソフトバンクの方が安い計算になります。
さらにMNPキャッシュバックがあるともっとお得感があります。
学割先生より一見地味ですがこっちの方がかなり凄いですね。

スーパーフライデー学生2倍

2月の吉野家の牛丼が毎週金曜日2杯。
3月サーティーワンのアイス。学生なら4月も。

キャッシュバック店舗

おとくケータイ.netという店舗があり、来店不要で契約書のやり取りだけでMNPが可能です。

ワイモバイル タダ学割 UQモバイル UQゼロ学割 2018年5月31日迄

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

ワイモバイルとUQモバイルは全く同じです。
対象は5歳〜18歳です。

  • 12月契約で3月迄基本料金無料 or 1月以降であれば最大3ヶ月基本料金間無料
  • 機種変更するまでデータ容量がずっと2倍(UQモバイルのぴったりプラン無料通話もずっと倍)
    通常3年目以降はデータ容量2倍オプション500円/月がかかります。

ワイモバイルとUQモバイルの学割 2017年と2018年の比較

2017年1月20日~5月31日のヤング割とUQ学割は2年目から▲1000円の割引にすることで2年間通して1980円〜というものでしたので最大12000円お得でした。

今回の学割は1月以降契約の場合

  • Sプラン 1980円×3=5940円、家族割ありだと1480円×3=4440円
  • Mプラン 2980円×3=8940円、家族割ありだと2480円×3=7440円
  • Lプラン 3980円×3=11940円、家族割ありだと3480円×3=10440円

2年間であれば全てにおいて改悪というような感じです。

ただ2倍オプション500円無料で1年間6000円分お得になるので

  • 3年目以降も継続
  • 2倍データ容量を必要とする
  • M、Lプラン

という層には改善されているかと思います。
また、2倍オプション無料は機種変更するまで継続されるので機種変せずにSIMフリー機を別途購入してワイモバイルSIMかUQモバイルSIMを使い続けるという運用もありですね。

ワイモバイルとUQモバイルの学割 iPhone6s 32GBとiPhone8 64GBの維持費

標準で取扱のあるiPhone6s 32GBの維持費(家族割適用時)は以下の表の通りです。

プランS
2GB
プランM
6GB
プランL
14GB
基本料金298039804980
割引
(1年間)
▲1000
家族割▲500
(2回線目以降)
料金合計1480円
2年目以降
2480円
2480円
2年目以降
3480円
3480円
2年目以降
4480円
本体実質価格
(税込)
1944円 1404円
合計(税込)3542円
2年目以降
4622円
4082円
2年目以降
5162円
6350円
2年目以降
7322円

少しでも2GBを超えそうな人はプランSよりM以上の方が値引きが多いため+540円だけでSからMにできるのでMが良いでしょう。

SIMフリー版iPhone8 64GBを別途購入してSIMを挿して使う場合は以下の通りです。

プランS
2GB
プランM
6GB
プランL
14GB
基本料金298039804980
割引
(1年間)
▲1000
家族割▲500
(2回線目以降)
料金合計1480円
2年目以降
2480円
2480円
2年目以降
3480円
3480円
2年目以降
4480円
本体24分割
(税込)※1
3546円
合計(税込)5144円
2年目以降
6224円
6224円
2年目以降
7304円
7304円
2年目以降
8384円

※1 比較しやすいように24回分割にしてますが実際は一括〜12回分割(無金利)です。

ワイモバイル、UQモバイルは下記の特典があります。

  • ワイモバイルであればSIMだけ契約でプランSは10000円,プランM/Lで15000円のキャッシュバックがあります。
  • UQモバイル(※ネット代理店限定)であれば事務手数料無料、キャッシュバック(S11000円,M12000円,L13000円)、実質0円機種売却益(例:AQUOS L2 15000円ほど)でよりお得になります。

UQモバイルのデメリットはiPhone7以降でテザリングが出来ないことですがテザリングを必要としない人にはオススメです。

キャッシュバックや初期費用無料などの特典は公式ではありません。
下記リンクのネット代理店限定のキャンペーンですのでご注意ください。

トーンモバイル 春の学割 2018年5月31日迄

MVNOでは唯一学割を実施している会社です。

  • 学割 基本料金(1000円)が6ヶ月無料
  • 親子割 2台以上で基本料金(1000円)が6ヶ月無料

ということで最大1年基本料金が無料のキャンペーンです。

割引の金額的にはワイモバイル、UQモバイルを超えていると言っても良いぐらいです。

トーンモバイルは子供、お年寄りの方には最適※学割最大12ヶ月無料(5/31迄)


2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 docomo-gakuwari

2018年学割 ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル トーンモバイルのまとめと過去の学割との比較 gakuwari-2018-356x213

4 件のコメント

  • 管理人様初めまして。

    特定の電話番号で着信だけが出来る格安の方法を探しています!

    現在、ソフトバンクの携帯を2つ持っています。
    1つはちょうど2年間使っている携帯A
    もう一つは最近契約した携帯Bです。
    携帯Aの番号を着信だけできる状態で残しておきたいのですが一番安い方法でいくらくらいになるでしょうか?
    携帯Bでデータ通信及び発信は行うつもりです。
    また現在23歳なので一部の学割は受けれる状態です。

  • 管理人様 はじめまして!
    色々検索していて拝見させていただきました。

    現在au iPhone6plus、iPhone7、 楽天モバイル1台
    固定回線はau
    月々の通話は auの2台は数百円~1000円未満がほとんど
    データ通信iPhone6plusが7GBあるプランですが
    毎月5GB未満しか使っていません。7の方は20GBのプランです。

    今回、iPhone6plusをSIM解除して楽天モバイルで使用しょうと思っていた所、iPhone6plusはSIM解除できない と言われました。
    楽天モバイルからMNP→au学割でiPhone6plusを子供に持たせ、機種変更でiPhone8plusにしようか検討していますが、
    ①楽天モバイルで違約金が発生する
    ②iPhone6plusのバッテリー交換¥3200必要
    ③事務手数料¥6480かかる

    以上の事からauでプラン変更したりして安くしたいのですが、一家でソフトバンクに乗り換えた方がお得なのか‥‥(7はまだ機種代を支払い中)
    auからキャリア変更したくない理由のひとつにauwalletの使用頻度が高いのでポイントを利用して商品に交換したりしています。

    少しでも費用が安くなる方法がございましたらアドバイスをよろしくお願い致します。

    • mini様

      ・7の残債がどれぐらい残っているか
      ・近隣店舗でauの乗り換え特典がどれぐらいあるのか
      という不明なところもあるので断言は出来ませんが全てソフトバンク乗り換えがお得かと思います。
      iPhone8(64G) 一括40,000円、月額508円(2/12迄)

      どうしてもauとなると
      ①楽天モバイル→au iPhone8Plus
      ②iPhone8PlusとiPhone6PlusのSIMを入れ替える
      という流れですね。
      あとは下記の記事のように157に電話して引き止めポイントをもらえたり、機種変更のクーポンがあれば機種変更してその端末を売却して端末代金との差額分が得になるという方法がありますね。
      au 機種変更の時はする前にまずは157に電話で相談を

      乗り換え特典が少なくなったとは言えまだまだ乗り換えの方がお得ですので転々とする姿勢でいた方が良いのかなと思います。

  • 気軽にコメントどうぞ

    料金案内希望の方へ
    まず通信費節約完全ガイドをお読み下さい。
    月が変わるとおすすめが変わる場合があるため、今月契約予定の方限定とさせて頂いております。
    現在のキャリア・固定回線、月の電話時間・データ通信量、希望機種は必ず記入して下さい。

    ABOUTこの記事をかいた人

    ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。