これさえ読めば毎月の通信費を抑えることができる完全ガイド(2017/03/09版)

記事数が多くなってきたため、完全ガイドを作成し、これさえ読めばほとんどの悩みが解決できるように作成しました。
これだけではカバーできないニッチな悩みもあるのでタイトルは盛ってますが大体は把握できるのではないかと思います。

  • 端末保証
  • ガラケー
  • スマホ
  • 固定回線

の順に説明していきます。金額は全て税込、ユニーバル料金込みです。

端末保証の節約ガイド

詳しくは保険業法の関係で書けませんので公式の保証をつけている方は一度確認してみて下さい。

これさえ読めば毎月の通信費を抑えることができる完全ガイド(2017/03/09版) gadserv

ガラケーの通信費節約ガイド

ガラケーはある程度、通信をすると大手スマホと変わらない維持費になったり、格安スマホと比べると逆に高くなる場合があるので少しでもネット検索やメール、LINEをしたい人は格安スマホか2台持ち、2枚持ちをおすすめします。
テキスト(文字)だけのメールやLINEの場合はあまり気にする必要はありませんが写真や画像やスタンプを送ったり、送られてくると料金は高くなりやすいので要注意です。

新規

  • かけ放題はワイモバイルガラケー月額2090円
  • あまり電話しない人はドコモのガラケー月額1010円(1000円無料通話付き)

維持費的には月々50分以上電話するかしないかでワイモバイルかドコモかで決めれば良いでしょう。
端末的にはワイモバイルの方が最新機種で4Gで音質が良いのでワイモバイルが良いです。
ドコモはとりあえずガラケーを持ちたいという人に向いています。

のりかえ

現在、一括特価で2円維持費ガラケーが復活しています。
au、ドコモ、ワイモバイル、MVNOの人は

  • かけ放題はソフトバンクガラケー月額932円
  • あまり電話しない人はソフトバンクガラケー月額2円(5分以内通話無料)

ソフトバンクの人は

  • かけ放題はauガラケー月額2400円
  • あまり電話しない人はauガラケー月額998円(無料通話1100円分付き)

スマホの通信費節約ガイド

スマホの場合は電話の頻度とデータ容量という2つの基準がありますが電話の頻度で大まかに分けてその後、細分化していきたいと思います。 電話の頻度によって下表のように分けることができます。

全然電話しない
(月30分未満)
2枚持ちか2台持ち
ソフトバンク
格安SIM
ある程度電話する
(月30分以上)
2枚持ちか2台持ち
ワイモバイル・UQモバイル
(2台持ち、2枚持ちに抵抗がある)

この表に従って順に紹介します。

全然電話しない(目安月30分未満)

現在ソフトバンク以外でとにかく維持費を抑えたい人

とにかく維持費を安くするなら2台持ちか2枚持ちが月額976円(5分以内通話と家族通話無料)で持てます。

現在au、ドコモのガラケーでデータ通信をあまり使わないだろう人

ソフトバンクのスマホデビュー割を活用したお得なのりかえ方法があります。
一括0円機種だとデータ1GBで月額2576円(5分以内通話無料)+キャッシュバックです。

データ20GB以上(固定回線セットの場合、5GB以上)でハイスペックスマホ(iPhone7、XperiaXZなど)希望の人

データ容量が20GB以上(固定回線セットの場合、5GB以上)でハイスペックなスマホを求めている人は格安スマホと大手キャリアを比較した時に維持費(20GBネット回線あり月額7118円)に差はほとんどないです。
固定回線とセットの割引やキャッシュバックを考慮すると大手キャリアの方が安いですし5分以内通話無料です。
また、20GB以上使う人は動画、ゲームなどの速度が遅いと使いものにならないものを多く使う傾向なので速度が速い大手キャリアが断然オススメです。
ドコモ、auの人はどんな古いガラケー、スマホでも下取り可能でiPhone7、Xperia XZが実質0円のソフトバンクをオススメしています。
さらにソフトバンクではキャッシュバックの多いネット代理店があるので地方でキャッシュバックが少ないという地域差を解消できます。

上記以外の人

上記以外の人は格安スマホがオススメです。

  • スマホとセットならキャンペーンで機種代金がかなり安い楽天モバイル、キャッシュバック付きNifMo データ3GB月額1730円
  • 既に持っているドコモかauのスマホかSIMフリースマホで使う場合は格安SIM(月額は下記の紹介記事で比較しています)
    オススメは速度が安定していてSNSカウントフリーのLINEモバイルこれさえ読めば毎月の通信費を抑えることができる完全ガイド(2017/03/09版) gadserv

ある程度電話する(目安月30分以上)

かけ放題は2枚持ち、2台持ちが最安の月額1904円です。

2台持ちと2枚持ちに抵抗がある人

2台持ちは面倒、2枚持ちは難しそうでちょっと、という人はワイモバイルUQモバイルのスマホがオススメです。

ワイモバイルは10分以内通話無料です。
長電話を低頻度でする人には向きませんのでそういう人はUQモバイルにしましょう。

UQモバイルは

  • 5分以内通話無料
  • 60分無料通話付き(+1080円で120分にできる)

どちらかを選べます。毎月変更も可能です。

両社ともに料金は同じで実質0円機種もあり、1年目月額2,140円で、2年目以降月額3,220円です。
通話プランがUQモバイルでも大丈夫そうなら実質0円機種が性能の良いUQモバイルを選びましょう。

固定回線の通信費節約ガイド

まず、固定回線とよく比較されるのがWiMAXなどの無制限のモバイルWi-Fiルーターですがこれは無線なので速度が不安定で遅いので下記のようなことがない限り契約することはオススメしません。

  • 転勤が多くて続きが面倒な人
  • 対象エリア外でそもそも固定回線が引けない人

WiMAXの会社はかなり多いですが月額が安いかキャッシュバックがあるかの違いがありますがキャッシュバックは受け取り方法が分かりづらく受け取り漏れする人が多いので必ず月額割引のものを選びましょう。

料金の安さもそうですがソニーの孫会社で知名度のあるSo-netが安心でしょう。


これさえ読めば毎月の通信費を抑えることができる完全ガイド(2017/03/09版) gadserv

【So-net モバイル WiMAX 2+】

詳しくはWiMAX キャッシュバックの罠とは?最安料金比較表とおすすめの会社・機種

では固定回線に話を戻しまします。 大手キャリア(ワイモバイル含む)のスマホを使っている人、これから乗り換えようとしている人は固定回線も割引のあるものにすべきというのが大前提です。 そもそも固定回線が契約できるところは

  • ドコモ、au、ソフトバンクのショップ
  • 公式サイト
  • 家電量販店

この3つがメジャーですが1番キャッシュバックなどの特典が多いのがネット代理店です。
ネット代理店>家電量販店>ショップ≧公式サイト
このような傾向があるのでネット代理店を活用することをオススメしています。

ドコモ光

ドコモ光のネット代理店は1社しかないですが様々な独自キャンペーンをしていて通常店舗よりかなりお得です。
下記がその代理店なのでドコモ光を検討している人はこちらからどうぞ。

auひかり

auひかりのネット代理店は数も多く競合が多いため、キャッシュバックは結構多めです。
数が多ければ多いほどどの店舗を選べば良いのか迷うところですがここでは安全かつ高特典に重点を置き、おすすめのネット代理店を紹介しています。
au光を検討している人はこちらからどうぞ。

ソフトバンク光(ワイモバイル)

ソフトバンク光もauと同様に数多くのネット代理店があります。 特にソフトバンク系は悪質なところが多い傾向にあるので要注意です。
auと同じく安全かつ高特典のところをピックアップして紹介しています。
ソフトバンク光を検討している人はこちらからどうぞ。