スマホデビュー割が6/28で終了します。ネット契約の場合、契約完了までに日数を要するのでお早めに!

au スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較

au スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較 sp-support-program

auは2018年6月1日より、スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムを開始すると発表しました。

スマホ応援割とは?

au スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較 mb_sp-support-wari_bnr_main

機種変更、新規、MNP共にauピタットプランとauフラットプランが1年間1000円引きになるキャンペーンです。
スマホ応援割 公式ページ

お気づきの方も多いかと思いますがこれは2017年7月から実施され、2018年5月31日で終了するビッグニュースキャンペーンを名前を変えて延長するだけです。

au スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較 mb_sp-support-wari_bnr_main

ビッグニュースキャンペーンが伝わりにくい名称でしたのでスマホ応援割とすることでガラケーからスマホへの変更を促しやすい名称に変更したのでしょう。

初スマホ割とは?

au スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較 mb_sp-support-wari_bnr_main
  • MNP
    他社のガラケーからの乗り換え
  • 機種変更
    auのガラケー(16ヶ月目以上)からの機種変更
  • 新規
    18歳以下の人が契約

が対象で本体価格を割り引くキャンペーンです。
初スマホ割 公式ページ
このキャンペーンも2017年7月から開始されているものなので目新しさはありません。
auはケータイからスマホに乗り換えるキャンペーンを2016年のauスマホデビュープログラムから始まり名称を変えて続けています。
au ガラケーからスマホにするとお得な新旧キャンペーン一覧

これら2つのキャンペーンで初スマホ応援プログラムというプログラムという形になっています。
狙いや条件はソフトバンクのスマホデビュー割とほぼ同じですが中身が少し違うので比較したいと思います。

au 初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較

まずは最安料金の比較です。それぞれ固定回線セット割(スマートバリュー、おうち割 光セット)▲500円込みの料金です。

5分以内通話無料
データ定額1GB
auソフトバンク
料金体系段階制固定
1年目料金19801980
2年目以降料金29801980

ソフトバンクは機種購入を伴う機種変更をしない限りずっと1980円です。
auは2年目以降2980円なので長く使えば使うほどソフトバンクとの差が開きます。
またauは段階制で最大6480円まで上がってしまうので初めてスマホを使う人は要注意です。
ドコモも5月25日より段階制のベーシックパックを開始し、段階制の流れになってますが
低速でも安く使えたら良いという層の方が多いと思うのでソフトバンクは固定のままでいて欲しいです。

次に対象機種の比較です。

auソフトバンク
iPhoneiPhone SEiPhone SE
iPhone8/Plus
Androidrafre
AQUOS SERIE mini
AQUOS sense
BASIO2/3
URBARNO
Qua phone
HUAWEI nova 2
HUAWEI P20 lite
Xperia XZs
AQUOS R
Andoid One S3
DIGNO G
シンプルスマホ3

見ての通り、auはエントリーモデルばかりですがソフトバンクはフラグシップモデルも対象です。
やはりソフトバンクの学割と同時発表されたiPhone8対象というのはかなり大きいでしょう。

次に月々の実質負担額(24ヶ月)の比較です。
auの場合はauピタットプラン(スマホ応援割)+MNP購入サポートが可能なので対象のソフトバンクと同じ機種も載せています。

auソフトバンク
iPhone SE 32GB
新規/MNP1125円
機種変更675円
iPhone SE 32GB
2000円
iPhone 8 64GB
2500円
iPhone 8 256GB
3000円
HUAWEI P20 lite
900円
HUAWEI nova 2
新規/MNP900円
機種変更1350円
AQUOS sense
900円
BASIO3
2070円
以下MNP購入サポート
AQUOS R
1125円
Xperia XZs
1035円
AQUOS R
2000円
Xperia XZs
1000円
Andoid One S3
1000円
シンプルスマホ3
1500円

auの方が全体的にスペックが低いということもありますが実質負担額は安い傾向です。
auは月々の料金が2年間実質+500円、1GBを少しでも超えると+1000円という不確定要素なども考慮するとauが安くなるとは言い切れない部分がありますね。

また、ソフトバンクではスマホデビュー割の適用条件が緩く、確実に5,6万円の補填(割引またはキャッシュバック)があり、どこに住んでいても契約できるネット代理店があるのでそういった条件も含めるとソフトバンクが有利だと思います。

ソフトバンク スマホデビュー割を徹底解剖!気になる点やよりお得に契約するためには?

au スマホ応援割+初スマホ割の初スマホ応援プログラムとソフトバンク スマホデビュー割の比較 sp-support-program-356x213

気軽にコメントどうぞ

返信には数日かかる場合があります。

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。